スイングpopを魅力的に見せるコツ

スイングpopの効果的な使い方を紹介します

スイングpopを取り付ける際に注意すべき点

陳列棚などにつければふわふわとゆれるスイングpopは、思わず見ていると足を留めてしまいます。小さくても視覚的な効果も抜群なので、最近良く見かけるようになってきています。使ってみようと思って作ったものをいざ取り付ける時ですが、広告部分と貼り付けるための部分があるのが分かるでしょう。取り付け部分には両面テープを貼り付けて使うのですが、業者によっては貼り付けがしていない事もあるので、もしもないようであれば自分でテープを取り付けてから必要な場所に貼っていきます。長く貼り続けていると、取り外す時にのりが残ってしまう事もありますので、外した後は設置していた面の確認もしておくと良いでしょう。視覚効果を狙うので、あまり低すぎずある程度高さも考えて設置しましょう。

どのように印刷をして作られているのか

スイングpopを製作する前には、既製品やデザイン作成またはオーダーをします。円形や四角になっているものが多いのですが、スイングさせるために紐のような細長い部分があり、最後に貼り付けるための両面テープを張る部分で構成されています。基本的に印刷が出来る部分はどこまでになっているのか、自分でデータを作る時には確認してから作成しておきましょう。最後に必要な形に裁断されるので、あまり端の方に必要な文字やイラスト、写真などを入れ込むと、ズレやカットされてしまって見えなくなる部分が出てきますので要注意です。仕上がりを綺麗にするには、印刷された後のことも考えておかないと、自分の出来上がりイメージとは全く違ってきたものが出来上がってしまうことにもなるので気をつけたいポイントです。

いろんなものに取り付けられるので使い勝手もよい

可愛らしくゆれているスイングpopは、主に広告として使われています。棚だけでなくレジ周りにもちょっとした品物を宣伝するためにつけられている事もありますし、ポスターなどにも注目して欲しい部分に貼ってある事もあります。基本的には貼る事ができればどこにでも取り付けられますので、什器類や、何か展示会などの時にお勧めしたいものなどがあれば、そちらにも貼っておくと良く見てもらいやすくなります。形も業者側が用意しているスタンダードなものだけでなく、自分たちでデザインを作って吹き出しなど好きな形で作成する事もできるので、用途に合わせて手軽な定番系を使ったりするのもいいですし、これをお勧めしたいというときにオリジナルのものを作るなど、いろんな使い方が出来ます。

Theme by Anders Norén