スイングpopを魅力的に見せるコツ

スイングpopの効果的な使い方を紹介します

スイングpopのメリットとデメリット

販促方法の一種、スイングpopは小さくても目立ちやすく、販売促進に役立つ特徴があります。その特徴には、メリットとデメリットの側面が存在しますが、これらを踏まえて選択すると優れる費用対効果が得られます。また、総合的には選択を検討する価値がある物ですから、特徴を理解して検討に入ることが大切です。例えば、販促に立体感が加えられる効果は、メリットの一つとして評価することが出来ます。部分的に空間の一部が目立つので、消費者の目に留まりやすく、情報を見てもらえる結果に繋がります。一方のデメリットは、使用する場面や固定方法等に現れるので、こちらもメリットと一緒に合わせて把握することが肝心です。しかし、使い所を間違わず、効果的に活用する方法の理解が深まれば、従来とは違った販促が実現します。

販促にスイングpopを選ぶメリット

スイングpopとは、手前に飛び出すような形の販促アイテムで、商品自体や陳列棚、レジ等でも使われています。主なメリットとしては、ポスターが貼れる空間がなくても使いやすいこと、それに低コストで訴求力が高められる点が挙げられます。一般的に、サイズは小さい物が主流ですから、1部あたりのコストが安く済むのも魅力的です。更に、貼り付けやすく剥がしやすいという利点もあるので、頻繁に販促内容が入れ替わっても、容易に対応出来るのがポイントとなります。他にも、風に揺れて存在感をアピールする効果が発揮されたり、表示面積が限られているので、ひと目で全体の情報を見てもらえることが優れます。メリットの数はとても多く、使える場面が数多く存在しているので、幅広く選ばれ活用されています。

スイングpopの効果を半減させてしまうデメリット

飛び出す形の販促アイテムは、訴求力の点では優れますが、使い過ぎれば逆効果に結び付きます。商品や棚よりも、少し手前に飛び出して見えるので、見る人によっては押し付けがましさや圧迫感を感じてしまいます。勿論、表示の小さい物が大半ですから、圧迫感が問題になることは稀です。活用のコツは、効果的だとしても無闇に貼り過ぎず、要所を押さえピンポイントで使用することにあります。剥がしやすさはメリットに違いありませんが、貼る対象の材質は限られ、風が吹くと剥がれる場合があるのも難点です。ただ、現在は幅広く対応する為に改良されていますから、このメリットが問題になるケースは限定的です。最も顕著に出やすいデメリットは、手作りや手書きとは相性がやや悪く、印刷に比べるとチープな印象を与えてしまうことです。印刷でコストは発生するものの、1部あたりの費用は低めなので、手書きより印刷を選ぶ方が、仕上がりの質を高めデメリットを解消する意味で安心です。

Theme by Anders Norén