スイングpopを魅力的に見せるコツ

スイングpopの効果的な使い方を紹介します

定番のスイングpopにアレンジを加える方法

店舗に並んだ商品をお客様にもっとアピールしたい、と考える際によく用いられるのがポップです。手描きで自作することもできるポップなら、コツさえつかめば誰でも簡単に作ることができます。そして、店長イチ押しの商品やオススメ商品を拡販したいなら、販促ツールでも最も人気が高いスイングpopが最適です。スイングPOPというのは、自然な風で揺れる動きが出せるPOPのことです。什器や展示台など、基本的にどの場所にでも貼ることができますし、ユラユラ揺れながらお客様の視線を集めることが可能です。コートカード紙などでできた標準的なスイングPOPは、最近ではかなりお得な価格でも作成することができるようになっています。しかし、定番ポップでは物足りないと感じる方もいらっしゃるでしょう。今回はそんなポップをアレンジする方法をご紹介します。

自由にカットできるタイプを活用する方法

定番のスイングpopは、角に丸みを持たせている四角や丸い形状のタイプを思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、専門業者によっては、規格サイズの他に自由にカットできるタイプが揃っています。こうしたタイプを選択すれば、好みの形状に自由にカットすることができるため、定番タイプにはない個性豊かな表現ができるようになります。例えば、「店長おすすめ」というコピーが入ったpopで、何かを指さしているデザインを作ったとしましょう。このpopを、「新製品」というコピーが入った定番のpopの隣に置きます。こうすると、ちょうど指さしている先に「新製品」の商品をアピールすることができます。popを並べて使うアレンジ方法は、おすすめしたい商品があればいつでも入れ替えることができますのでとても便利です。

既製品をアレンジする方法もある

スイングpopは、いまや販売促進ツールには欠かせない存在になってきています。インターネット上から気軽に注文することができ、種類も定番のものからオリジナリティ溢れるものまで幅広いpopを注文できます。自分でpopにアレンジを加えたい場合、popについている「アーム」の部分に一工夫加えることができます。例えば、コピーが付いている丸い形のPOPカードの下に、アームが横方向に付いているタイプもあります。こうしたタイプは、アームを巻いて重ねた部分を留めていきますが、巻き方を多少変えることでpopに角度を付けることができます。棚の上や下に設置する場合も、見える角度に工夫して留めることで、自然に目に入りやすい位置に調整することができます。popも留め方次第で、ちょっとしたアレンジが可能です。

驚きの業界屈指の低価格の実現が可能! 「スタンドPOP・レギュラー」は、シンプルで使いやすい、自立型のPOPシートです。 お客様のあらゆるご相談にお答えする高い柔軟性! 無料見積りなどお気軽にお問い合わせください。 標準メニュー以外にも、柔軟な対応力で幅広い商品・サービスの提供にも努めております。多くのお客様から、「速い」「親切」「便利」とのご好評をいただいております。 スイングpopの目立つ効果に期待大!

Theme by Anders Norén